環境に優しい野菜作りへ~コンパニオンプラントのススメ

家庭菜園での野菜作りは、できるだけ無農薬、減農薬で・・・と考えている方が多いことでしょう。

ただ、虫がついて、、、葉が白っぽくなって、、、など、対策はプロでもなかなか難しいものです。

それを補う策として近年聞かれる言葉「コンパニオンプラント」をご存知でしょうか?

相性のよい野菜を近くで育てることで、病害虫の被害が減るのだそうです。

その例をいくつかご紹介。

トマトバジル

最も有名な組み合わせ。バジルの香りがトマトにつくアブラムシなどの害虫を忌避します。

トマトとバジルの苗を同時に定植します。バジルは、トマトの株間に植えつけます。

ナスパセリ

ナスの日陰でパセリが元気よく育ちます。パセリの香りでナスにつく害虫を忌避します。

パセリはナスの株間に植えます。

キュウリ長ネギor ニラ

キュウリによくみられる連作障害、つる割病を予防します。

長ネギの根は、つる割の病原菌を退治する抗生物質を分泌する拮抗菌が共生しています。ニラの根にも同じ作用があるそうです。

キュウリの根鉢に接触するように、育った長ネギを左右に植えつけます。

キャベツレタス

レタスによって、アブラナ科につくアオムシ、ヨトウムシ、コナガが忌避されます。

キャベツの苗とレタスの苗を同時に定植します。レタスはキャベツの株間に植えます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、講師があらゆる防病害虫対策で今イチオシ!という「重曹水」の使用をあげていました。

【作り方・使い方】

・準備するもの:食用の重曹、水、ハンドスプレー

・食用の重曹を水で500~1000倍に希釈する。これをハンドスプレーに入れ、病害の発生している部分を中心に株全体に噴霧する。

・散布の一番よいタイミングは、病害の発生初期。頻度は週1回程度で様子をみる。

例)うどんこ病など、葉の一部に白い粉の斑点が発生したとき。

・重曹の濃度が高いと、野菜の奇形、硬化、ひどいときには枯死するなどの薬害が生じるので、ご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です