「二重断熱煙突」で安全・快適な薪ストーブライフを!

この時期にしてはまだ温かい日中ですが、朝晩の冷え込みは確実に冬に向かっていることを実感させます。

そろそろストーブを使おうかな・・・と考える方も多いかと思いますが、特に薪ストーブユーザーの皆さん、煙突のメンテナンスはお済みですか?

昨シーズン使用したまま火入れをしますと、場合によっては溜まったスス等によって、スムーズに火起こしができないこともございます。ぜひ使用前にストーブ内や煙突の状態をご確認ください。

さて、先月になりますが、黒松内町在住のT様宅にて「二重断熱煙突」への交換施工をさせていただきました。

img_3273img_3275img_3276

 

 

 

 

 

img_3274

 

 

 

 

 

 

img_3277img_3278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでは一般的なシングル煙突をご使用でしたが、寒冷地である北海道では、鋳物製の「二重断熱煙突」により、より安全で快適な薪ストーブライフがお楽しみ頂けることと思います。

「薪ストーブ」や「二重断熱煙突」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

→「薪ストーブの基礎知識」

→「Blog 薪ストーブの知恵袋」

 

弊社は、薪ストーブ「morso」の取扱店として、販売や部品交換等のメンテナンスを行っております。また、薪ストーブ全般の取り扱い方等のご相談にも応じておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

二本足 大歓迎〜〜V(^_^)V

3つの台風が立て続けに北海道上陸…。

あり得ない風景が連日報道され、特に農家さんへの打撃が本当に気の毒でなりません…。

我が家の野菜達、次々と大きくなるので、こちらもコツコツと頂くのみです!

昨日、そろそろかな〜〜と試しに人参を抜いてみました。

こんな感じです。

長さも太さも市販のものには到底かないませんが、家庭菜園レベルなら、こんなものかな〜〜と(^_^;)

むしろ、二本足の人参さんが愛おしく思います…笑

もう少し寝かせて様子をみてみますが、こちらもコツコツ頂いていくことにします。

来週からもう9月です。

せっかくの恵み、無駄にしないぞ〜〜!

image

採れ頃 食べ頃 真っ盛り!

今日からいよいよ8月です!

更新がすっかりご無沙汰しておりました…。

野菜達の成長に全く追いついておりません…(^^;;

ほうれん草、トマト、ナス、ピーマン、紫蘇、パセリ、白カブは、もうすでに美味しく頂きました。

完全無農薬。

ガブの葉っぱは虫さん達に提供して、柔らかく甘い実を頂いて、満足しております。

教えて頂いたのは『白カブの梅マヨ和え』

食べやすく刻んだ白カブに塩をして、少し水気を切り、

そこにたたいた梅干しとマヨネーズを適量、仕上げにゆかりをパラパラすると、美味しいサラダの出来上がりです。

茎も茹でて混ぜると丁度良い彩りに。

8月はカラッと晴れた過ごしやすい気候になりますように。

次回は人参の収穫がお伝えできるかも…?
image

 

 

あぶない、あぶない・・・。

IMG_2731

 

 

 

 

 

 

 

 

初収穫から1週間足らず・・・。育ち始めると止まらないのが畑の作物です。

このまま放置すればただの「雑草」になりかねないホウレンソウ。

あわてて摘み取り、茹でてしまいました。

今回学んだことは、適した時期を過ぎると、ホウレンソウにも「芽」が出てくること。

市販のものにそんなものはありませんから、家庭菜園ならではのアクシデントか・・・?(^_^;)

種の蒔き方も雑だったので、一斉に芽が出てからそれぞれがお互いに邪魔して、均等に陽が当たりませんでした。

その上近頃の日照不足も重なり、茎が細く、葉も白っぽく・・・。

まだ7月上旬。これからもう一度残った種を植えてみて、学んだことを復習します。

それにしても、葉物って、茹でると半分くらいのカサになるんですよねぇ。

今回は胡麻和え、バター炒めにでもして、残りは小分けして冷凍しますか。

 

 

 

ほうれん草 初収穫!

今日で一年の半分が終わりますね。

6月は雨や寒さにすっかり振り回されて…。

完全にお日様の恵みに飢えている畑の作物達。

しかしながら、ほうれん草は何とか初収穫を迎えました!

葉が白っぽくなったり、茎が細かったり、立派なものではありませんが、家庭で食べる分には十分かなと…。

今日はおひたしにして、そのものを味わいました。

えぐみはなくていい感じに。

さて、沢山あるから、お裾分けか、茹でて冷凍か…。

欲しい方はどうぞ〜〜笑!

imageimage

太陽ってありがたい…( ; ; )

image

 

 

 

 

 

 

苗植え、種まきからおよそ1か月。

順調に成長してきたかと思えば、ここ2週間くらい、満足に太陽の光を浴びていない…。

お隣さんの御実家が十勝で農家をされているそうで、日照不足に参っている…とのこと。

太陽の光って、ホントにありがたいものなんだなぁとつくづく実感します。

カブの葉の根本が少し白っぽくなってきました。

大丈夫かなぁ…。

野菜たち、育ってきました!

image

image

雨続きの一週間…。

関東では取水制限まで出ている中、有難いことですが、特に農家さんは泣かされているのでは…。

そろそろお日様が見たいものです。

さて、我が家の畑の野菜たちは少しずつ育ってきました。

トマトの支柱を立て直し、白カブの間引きもしました。

今後は適度な追肥が必要とのこと。

しかし、素人にやりがちな誤ちは、「過剰な水やりと追肥」だそうで…(・_・;

何事も「適度・適量」が大切なのですね。

人参はマイペースなお育ちで、収穫までにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

『小さな芽』に大きな喜び…

種植えからおよそ10日…。

地道に水やりし、穴の開くほど畑を見つめ続けて…

やった〜〜!芽が出てきました!

写真では分かりにくいのですが、手前が白カブ、奥がにんじん、右側にほうれん草。

もう少し大きくなってきたら、『間引き』の作業が待っています。

丈夫そうな芽を残して、一つ一つしっかりと育つように間隔を空けて…。

昨日の雨は植物には恵みになったようですね。

一方、雑草ちゃんも元気になりますから、まめに摘まないと…。

image

作付け実行!早く芽が出ないかな。

image

image

先週末から昨日にかけて、野菜の苗植え、種蒔きが終わりました。

今年はこんな感じ。

ナス科・・・ミニトマト、ナス、ピーマン

セリ科・・・パセリ、ニンジン

アカザ科・・・ホウレンソウ

ユリ科・・・ニラ

アブラナ科・・・カブ

その他・・・大葉

昨年ナス科を植えた場所とは反対側に今年の苗を植えました。

こんな小さい畑では無駄な抵抗⁉︎かもしれませんがね…。

ニラは2年前に植えたものが、ちゃんと芽を出して勝手に育ってくれています。

放っておくとすぐに固くなるので、まめに摘んで料理に使います。

ストーブの灰を撒いておくと、成長の助けになるようですね。

種の芽が出るのはもう少し先のお話でしょう。

水やりして、辛抱強く待ちます。

 

記録しよう!作付け図!

image

昨日今日と雨降り、風が強くて、寒さは季節が逆戻りしたよう。

せっかく畑に苗を植えようかと思っていたのに…(-。-;

いや、その前に、今年の『作付け図』を確認、記録しよう!

写真は、先日の北海道新聞夕刊より。

『長谷川豊さんの家庭菜園』というコーナーがあり、畑初心者の私には、何もかもが勉強になります!

ついつい自分の食べたいもの、育てやすいものをと、毎年同じ野菜の苗を植えがちなのですが、それは畑にはよろしくないことなのですね。

できるだけ同じ科を続けず、連作障害を避けることが、丈夫で美味しい野菜を食べる秘訣だとか。

この雨で一呼吸おいて、私も我が家の『作付け図』を考えています…(^_^;)

それにしても、結局『ナス科』の苗を多く買ってしまった…。

植える場所を変えて対応するしかないかな…。