ご購入ありがとうございます!薪ストーブ Morso CB7110

ストーブ 登別鉱山町 千葉さん

ホームページを始めておよそ2年・・・。

やっと「ブログ」に挑戦してみようかという気になりました(^_^;)

こちらでは主に、ご購入いただいた商品やお客様のお声をご紹介するコーナーとさせていただきます。

と言いながら、きまぐれに変わるかもしれませんが、よろしくお付き合いください。

 

さて、こちらは、先日納品して参りました薪ストーブ Morso CB7110。

オーナーは登別市鉱山町在住のC様。

薪ストーブは以前からお使い頂いていたようで、数回ご来店いただいた後にお決めになりました。

片開きの扉にすっきりしたフォルム、お宅のストーブコーナーにもちょうど良く収まったようです。

後ろのレンガ調のパネルも薪ストーブとよく合います。

4月に入ったとはいえ、まだまだ寒さが残る北海道では、しばらく活躍してくれそうですね。

C様、お買い上げありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

耕耘機パワー 恐るべし…。

image

連休初日の今日は、あいにくのお天気ですね。しかも季節外れの雪が降る地域もあり…。

お恥ずかしい話ですが、耕耘機を取り扱う会社ながら、先日初めて耕耘機で自宅の畑を耕してみました。

 

機種は『ホンダ FF300サラダ』。

もうビックリです!

使用前の写真があればなお良かったですね。

あれだけ雑草だらけ、カッチカチの土だったのが、さらさらフカフカの土に生まれ変わりました!

たった一度でこれですから、肥料や石灰を追加してさらに手をかければ、苗が育ちやすいこと間違いなしです!

 

あ〜〜、今年の畑仕事が俄然楽しみになってきました!

『畑日記』は随時アップさせて頂きます…(^_^;)

始まっています 冬の準備…。

image

今日から5月。とはいえ、まだまだ朝晩の寒さは続く北海道。

すでに薪ストーブをお使いの方には常識の範囲のお話ですが。

次の冬に向けての薪の準備はすでに始まっています。

店主も連休返上で薪割機と格闘中。

扱いやすい大きさにしたら、このように棚に並べ、秋まで乾燥させるのです。

シートをかければなお完璧!

はっきり言うと、石油ストーブを焚くより何倍も労力が必要な薪ストーブ。

ですが、その労力をかけてもいいと思える、炎からの癒しや暖かさが最大の魅力。

気になるな〜と思うけど、準備等を考えるとなかなか踏ん切りがつかないとお思いの方、

伊達林業機械では、ストーブ選びから設置、薪の調達、煙突等のメンテナンスに至るまで、丁寧に対応致します!

ぜひ一度ご相談ください!

ご購入ありがとうございます!マキタ芝刈機MLM2300

image

先月マキタ芝刈機MLM2300をご購入頂きました、伊達市舟岡町のN様。

そろそろ芝刈りを始めるよ〜〜とお知らせを頂きましたので、その様子を見にお邪魔してきました。

ほんの少しだけ使い方のレクチャーさせて頂きました。

初めて機械に触れるとのこと、娘さんと2人、初めは悪戦苦闘⁉︎したものの、徐々にコツをつかめたようです(^ ^)

本格的に芝が伸び始める来月辺りからは、益々活躍してくれると思います!

N様、この度はご購入頂き、ありがとうございました!

お困りの際はいつでもお声を掛けて下さい! お伺いいたしますよ!

記録しよう!作付け図!

image

昨日今日と雨降り、風が強くて、寒さは季節が逆戻りしたよう。

せっかく畑に苗を植えようかと思っていたのに…(-。-;

いや、その前に、今年の『作付け図』を確認、記録しよう!

写真は、先日の北海道新聞夕刊より。

『長谷川豊さんの家庭菜園』というコーナーがあり、畑初心者の私には、何もかもが勉強になります!

ついつい自分の食べたいもの、育てやすいものをと、毎年同じ野菜の苗を植えがちなのですが、それは畑にはよろしくないことなのですね。

できるだけ同じ科を続けず、連作障害を避けることが、丈夫で美味しい野菜を食べる秘訣だとか。

この雨で一呼吸おいて、私も我が家の『作付け図』を考えています…(^_^;)

それにしても、結局『ナス科』の苗を多く買ってしまった…。

植える場所を変えて対応するしかないかな…。

 

作付け実行!早く芽が出ないかな。

image

image

先週末から昨日にかけて、野菜の苗植え、種蒔きが終わりました。

今年はこんな感じ。

ナス科・・・ミニトマト、ナス、ピーマン

セリ科・・・パセリ、ニンジン

アカザ科・・・ホウレンソウ

ユリ科・・・ニラ

アブラナ科・・・カブ

その他・・・大葉

昨年ナス科を植えた場所とは反対側に今年の苗を植えました。

こんな小さい畑では無駄な抵抗⁉︎かもしれませんがね…。

ニラは2年前に植えたものが、ちゃんと芽を出して勝手に育ってくれています。

放っておくとすぐに固くなるので、まめに摘んで料理に使います。

ストーブの灰を撒いておくと、成長の助けになるようですね。

種の芽が出るのはもう少し先のお話でしょう。

水やりして、辛抱強く待ちます。

 

『小さな芽』に大きな喜び…

種植えからおよそ10日…。

地道に水やりし、穴の開くほど畑を見つめ続けて…

やった〜〜!芽が出てきました!

写真では分かりにくいのですが、手前が白カブ、奥がにんじん、右側にほうれん草。

もう少し大きくなってきたら、『間引き』の作業が待っています。

丈夫そうな芽を残して、一つ一つしっかりと育つように間隔を空けて…。

昨日の雨は植物には恵みになったようですね。

一方、雑草ちゃんも元気になりますから、まめに摘まないと…。

image

野菜たち、育ってきました!

image

image

雨続きの一週間…。

関東では取水制限まで出ている中、有難いことですが、特に農家さんは泣かされているのでは…。

そろそろお日様が見たいものです。

さて、我が家の畑の野菜たちは少しずつ育ってきました。

トマトの支柱を立て直し、白カブの間引きもしました。

今後は適度な追肥が必要とのこと。

しかし、素人にやりがちな誤ちは、「過剰な水やりと追肥」だそうで…(・_・;

何事も「適度・適量」が大切なのですね。

人参はマイペースなお育ちで、収穫までにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

太陽ってありがたい…( ; ; )

image

 

 

 

 

 

 

苗植え、種まきからおよそ1か月。

順調に成長してきたかと思えば、ここ2週間くらい、満足に太陽の光を浴びていない…。

お隣さんの御実家が十勝で農家をされているそうで、日照不足に参っている…とのこと。

太陽の光って、ホントにありがたいものなんだなぁとつくづく実感します。

カブの葉の根本が少し白っぽくなってきました。

大丈夫かなぁ…。

ほうれん草 初収穫!

今日で一年の半分が終わりますね。

6月は雨や寒さにすっかり振り回されて…。

完全にお日様の恵みに飢えている畑の作物達。

しかしながら、ほうれん草は何とか初収穫を迎えました!

葉が白っぽくなったり、茎が細かったり、立派なものではありませんが、家庭で食べる分には十分かなと…。

今日はおひたしにして、そのものを味わいました。

えぐみはなくていい感じに。

さて、沢山あるから、お裾分けか、茹でて冷凍か…。

欲しい方はどうぞ〜〜笑!

imageimage